即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

モビットの二通りの申し込み

モビットはネットでの申し込みをする際に、二通りの手続きの進め方から選べるようになっています。一つは他の消費者金融と大きな違いのない通常のWeb申し込み、もう一つは手続きがWeb上で完結するWeb完結の申し込み方法です。

どちらも審査の内容などには違いはありませんが、申し込みを進めるにあたっての必要条件や手続きの流れが異なります。よく確認をしてから申し込み方法を選ばないと、希望内容に合わせた手続きができない可能性があるので注意が必要です。

Web完結なら電話も郵便物も無い

モビットの通常のWeb申し込みは特に目立った内容ではありませんが、Web完結の手続きは他の消費者金融とは異なります。モビットのWeb完結は必要書類や条件を満たしていれば電話や郵便物が無く、会社への電話連絡が入らないキャッシング契約を可能としています。

Web完結での手続きのためには三菱東京UFJ銀行か、または三井住友銀行の口座が必要となる点、社会保険証や組合保険証が必要となるなど、利用の条件は若干ながら難しくなっています。しかし、クリアができる方であれば電話や郵便物の無い契約ができますので、内緒でキャッシングの利用をしたい方も安心です。

また、Web完結はカードレスの契約であり、借り入れは銀行振り込みで、返済は口座引き落としで行います。契約時は電話がないために便利で優れたサービスとなりますが、契約後は銀行振り込みでしか借りられない点が不便でもあります。

平日の昼間であれば良いものの、銀行営業時間外の場合にはその日のうちの借り入れが難しくなってしまいますので、初回契約時のことだけでなく、今後の利用も考えながらどの手続きでモビットに申し込むかを決めると良いでしょう。

  • 提出書類も多いWeb完結

Web完結での手続きは提出する書類も多くなります。本人確認書類や収入証明書類の他に、上に挙げたように保険証や、場合によってはその他の書類も必要となります。用意をするまでに時間がかかってしまうと、借り入れも遅れることとなってしまいます。

下限金利や限度額上限に優れる

モビットは他の大手消費者金融と比べて下限金利が低く、限度額の上限が大きくなっています。低金利でまとまった金額が借りられる可能性がありますが、初回からいきなり数百万円を下限金利の実質年率3.0%で借りるのは現実的ではありません。

消費者金融からの借り入れはモビットに限らずどこでも初回は少額となる場合が多く、細かい金額の借り入れとなれば金利は上限での契約となります。初めからいきなり下限金利で借りられるとは考えず、あくまで上限金利である18.0%の借り入れとして返済の計画を立てておくと良いでしょう。

  • 増額によって金利が下がる場合も

初回でいきなり大きな金額を低金利で借りるのは難しいですが、利用実績を積むことによって可能となる限度額の増額にあわせ、金利が下がる可能性があります。少しでも低い金利で借りられれば返済の負担も軽くなりますので、初回は小さな限度額であるとしても今後の増額に期待をしてみるのも良いのです。

トップへ戻る