即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

少額なら利用がしやすい

スルガ銀行グループの消費者金融となるダイレクトワンは、他の消費者金融とは審査基準が異なることで有名です。大手では厳しい方でも少額であれば借りられる可能性があり、困ったときの少しの借り入れには頼れる消費者金融となります。

ただ、ダイレクトワンはその代わりに金利が高くなります。下限金利は特に高いわけではありませんが、上限金利が20.0%とプロミスの17.8%やアイフルの18.0%と比べて2%ほど高くなります。

現在の定められている上限金利は、10万円までなら20.0%となります。大手の消費者金融は10万円を下回っても17.8%や18.0%の実質年率での契約としていますが、ダイレクトワンでは20.0%の金利での契約となる可能性がある点には注意が必要です。

利息の金額自体は多くならない

ダイレクトワンでは少額の利用の際には金利が高くなる可能性がありますが、そもそも借りる金額が小さいのであれば、利息の金額自体も大きくはなりません。割合で考えれば大きいものの、返済時に実際に支払う利息の金額は大きくないです。

また、金利が高いとは言っても、ダイレクトワンはしっかりとした正規の消費者金融であり、法外な利息の請求がされるわけではありません。スルガ銀行グループという安心感もあり、ネットでの新規申し込みもできるため、安心して利用ができます。

  • 限度額によっては上限金利が下がる

上限で20.0%となっているダイレクトワンの金利は、10万円以上の限度額での契約となれば、金利はどんなに高くても18.0%までとなります。更に大きな金額となる100万円以上となれば、ダイレクトワンでの借り入れであるとしても金利は15.0%までとなります。

まずはクイック診断で確認

ダイレクトワンの公式サイト上では、簡単な3つの年齢、年収、他社借り入れ金額の項目を入れるだけで借り入れが可能かの診断ができる「クイック診断」が用意されています。申し込みとは異なるために何回やっても信用情報を汚すこともなく、簡単な目安に留まりますが診断結果を審査前に確認ができます。

年収と借り入れのバランスだけを判断しているものとなりますが、診断結果がOKであればそのまま新規申し込みに進めます。逆に診断でNGとなるような状況ではいくら審査基準が他と異なるダイレクトワンでも新規での借り入れは難しいので、ネットでの申し込みは控えた方が良いでしょう。

トップへ戻る