即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

申し込みに嘘は通用しない

審査に通るか分からないからと年収を多くしたり、または他社の借り入れを少なく入力するなどの申し込みは、審査に逆に悪影響しか与えません。キャッシングの契約は信用が大きなポイントとなってくるため、嘘の情報でお金を借りようとする方は信用ができないとされてしまいます。

ばれなければいいと考える方もいるかもしれませんが、正規のキャッシングサービスを利用するのであれば、必ず信用情報機関の情報は照会されるため、嘘をついてもすぐにばれます。特に他社の利用状況は全て筒抜けとも言え、虚偽記載で申し込みをしたところで何の意味もありません。

審査に余計に時間がかかる

虚偽の内容で申し込みをする、嘘をついて審査を受けるなどをすると、審査に通りづらくなるばかりか審査時間も余計にかかることになります。情報に相違点があれば確認をしなければならず、その分だけ本人宛の余計な電話が入ったり、時間がかかったりします。

本来であればその日のうちに審査が終わり、最短で即日の借り入れも可能となったかもしれない手続きも、嘘の内容で申し込みをしたばっかりに翌営業日以降の扱いとなってしまったり、場合によっては審査落ちとなることもあります。

虚偽の内容で審査に通るほど、今のキャッシング審査は簡単ではありません。正しい情報で申し込みをし、借りたいからと嘘をつくようなことはしないようにしましょう。

  • 入力情報の間違いにも注意

嘘をついたつもりがないとしても、入力情報の間違いが虚偽記載ととられてしまう場合もあります。間違った情報での申し込みは同じく審査に時間がかかってしまったり、審査結果に悪影響を及ぼすこととなるので注意が必要です。

よく確認して申し込みを

急ぎの際は慌てて申し込みをしてしまうため、どうしても入力情報の間違いが増えがちです。間違いがあれば確認のための時間や手間がかかり、希望通りの急ぎの借り入れができなくなる可能性が高いです。

早くに借りたいときこそ申し込み内容に間違いがないかを入力した際と、全て入力した後にしっかりと確認をするようにしてください。確認のための数分間を惜しんで間違った内容で申し込みをしてしまうと、結果的に数分間以上の大きな時間をロスします。

平日の午後など最短即日の振り込み融資には時間的に厳しくなってくる状況では、間違いによるロスは大きな影響を与えてしまいます。急ぎで借りたいときこそ、しっかりと確認をしてから申し込みをすべきなのです。

トップへ戻る