即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

自身に収入を持たない専業主婦

配偶者の収入で家計をやりくりしている専業主婦の方でも、暮らしに中でお金に困ってしまうことはあります。数百万円などの大きな金額ではなく、数万円から数十万円程度のお金のピンチに陥る状況も無いわけではありません。

そんなときに便利で助かるのがキャッシングですが、自身では収入を持たない専業主婦の方は借り入れ先がどうしても限られてしまいます。消費者金融は基本的に利用ができず、配偶者の安定収入で借り入れを可能とする一部の銀行カードローンを利用することとなります。

銀行は審査が厳しそう、専業主婦では借りられなさそうと感じるかもしれませんが、配偶者に安定した収入がある専業主婦なら借りられるカードローンであれば、審査で特に不利になるわけではありません。配偶者の同意や確認も不要で契約ができるため、内緒で借りたい専業主婦の方でも安心です。

消費者金融からは借りられない

現在の消費者金融は厳しくなった貸金業法の下での営業となり、中でも総量規制は大きな影響を与えています。専業主婦の消費者金融からの借り入れを難しくしているのも総量規制の関係で、借りられないと定めているわけではありませんが、現実的に難しくなってしまっているのです。

総量規制は返済能力を超える借り入れを防ぐ、年収の3分の1までのキャッシング利用に限定をしている貸金業法の中でも大きな柱となるものです。一部で例外的な借り入れが可能となるケースはありますが、通常のキャッシング利用においては例外となることはほとんどありません。

自身に収入を持たない専業主婦の方は収入の部分がゼロとなってしまうので、3分の1までとしてもゼロのままです。そのために消費者金融からは専業主婦は借りられず、対応をする銀行カードローンの利用となってくるのです。

  • 一定条件で利用は可能

安定した収入を持つ配偶者の同意があれば、貸金業法に則って専業主婦や消費者金融からのキャッシングの利用は可能としています。しかし、大手の消費者金融であるプロミスアイフルなどは、自身に収入を持たない方は利用対象から外してしまっているため、実際には専業主婦の消費者金融利用は難しいのです。

トップへ戻る