即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

期日までに間に合わないこともある

キャッシングは借りれば返済をしなければならず、分割で返済を進めるとなると毎月の決められた期日までに入金をしなければなりません。月々の返済金額は大手消費者金融のプロミスなどであれば少なく抑えられていますが、それでも金額が足りない、間に合わないといった状況に陥ることもあります。

期日までに支払うのが基本中の基本であり、できることなら遅れないようにするのが借りる上でのルールとなるのですが、どうしても間に合わない、金額が足りないときには、焦らずに正しい対処法で問題を大きくしないようにしてください。

とにかくまずは連絡を入れる

返済の期日までに間に合わない場合には、とにかくまずは連絡を入れてください。大体どこの消費者金融も銀行もコールセンターを用意していますので、予め期日が来る前に電話を入れましょう。

電話では下手な言い訳は不要であり、素直に期日に間に合わない、金額が足りないといった内容を伝えれば問題ありません。僅かでも支払えるのであれば、借り入れ先によってはその月は利息分のみの支払いでも良いとしてくれる場合があるので、利息分だけでも払えるならその月は一先ずは凌げます。

何らかの理由で利息分の支払いも厳しく、返済ができるだけのお金が入ってくるのが期日から後になってしまう場合には、その旨を伝えてください。返済を待ってもらえる場合が多いので、連絡をして相談をしておけば大きな問題とはならないのです。

他から借りるのは危険

返済に遅れることはよくありませんが、遅れを嫌うばっかりに他から借りて返済をするのは危険です。返済金だけを正規の借り入れ先から借り、翌月にはその分は全て一括で必ず返済ができるなら良いのですが、増えた借り入れも含めて分割での返済となると負担が大きくなってしまいます。

また、返済に追われて借り入れ先を選ぶような状況では、正しい判断ができなくなる方も多いです。闇金融や悪徳業者に捕まってしまうケースも多いため、借りて返済をするといった考えはなるべく持たないようにすべきでしょう。

  • 遅れれば遅延損害金が発生する

キャッシングの返済が期日から遅れると、通常の金利よりも高い利率で計算がされる遅延損害金が日割りで発生します。返済が遅れると負担がさらに大きくなるため、なるべく遅れないように計画的に利用を行うようにしてください。

トップへ戻る