即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

借り入れの資金使途

キャッシングで借りたお金は、個人が使う範囲であれば特に厳しくは定められていないのが一般的です。普段の生活費としての食費や家賃の支払い、レジャーや趣味の費用必要なお金、まとまった買い物や出費でいくらか足りないときなど、キャッシングなら便利に対応が可能です。

申し込み時には資金使途や借り入れの目的を選択する場合がありますが、初回の借り入れ以降においては申告の必要はありません。限度額内で繰り返し借りる際には生計費であれば幅広く使えるので、困ったときに役立ってくれます。

ただ、あくまで個人が使う範囲に限られているため、ビジネスで使う事業性資金として通常の消費者金融や銀行からのカードローンキャッシングの利用はできません。

審査に与える影響

申し込み時の資金使途が審査に与える影響は、そこまで大きくないとされています。そもそも何がダメで何が良いのかも不明であるため、深く考えずに正直な資金使途や利用目的で入力、選択をして良いでしょう。

中には生活費としての利用とすると、「普段の食費にすら困っている人には貸してくれない」などと勘繰ってしまう方もいますが、そんなことはありません。実際にキャッシングの利用目的で最も多いのが生活費としての利用のため、生活費を目的としたところで不利になるとは考えられません。

逆に、本来は生活費としての利用であるにも関わらず、変に考えてしまって年収が多くなく、借り入れもそれなりに抱えているのに資金使途がレジャーや趣味などとなっていると、お金の使い方に計画性がないと判断される可能性もあります。

正しく入力をすれば大した影響はない利用目的も、下手に小細工をしようとするとおかしな部分が出てきて何らかの影響を及ぼす場合があるので注意をしてください。

  • 借り換えやおまとめ利用時には

フリーで借りるキャッシングではなく、借り換えローンやおまとめローンとして使う場合には、資金使途や借り入れ目的をしっかりと入力しなければなりません。借り換えやおまとめで使う予定でも生活費などとしてしまった場合には、通常のキャッシングとして少額の審査が行われることがあります。

トップへ戻る