即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

返済はだらだらと進めない

最近ではキャッシングの毎月の返済負担が軽くなってきており、少しの金額で分散して完済を目指せるようになっています。消費者金融のプロミスでは5万円以内の借り入れで毎月の返済金額は2,000円と、大きな金額を借りなければ少しずつの返済で問題ありません。

ただ、定められている返済金額はあくまで最低額であり、契約期間をフルに使う場合となります。つまり、毎月数千円といった最低額での返済を進めると、完済までに3年や5年などの長い期間がかかってしまうのです。

返済期間を延ばせばそれだけ月々の負担は減らせますが、その代わりに利息の総額が膨れ上がります。完済時には多くの利息を支払うこととなってしまうので、なるべくならキャッシングの返済はだらだらと進めないのが理想です。

借り入れ残高を減らす

キャッシングの返済は利息を支払っているだけでは終わらず、借り入れ残高を減らしていかないと意味がありません。毎月の最低返済額は借り入れ先にもよりますが、大体は利息が半分程度となるために残高の減るペースは非常に遅くなってしまいます。

そこで考えてみたいのが、繰上げでの返済です。毎月の返済金額を上乗せして支払いをしていくことで、その分だけ多く元金を減らす返済の方法となります。例えば毎月2,000円の返済の契約で3,000円の返済をすれば、追加した1,000円分は全て元金にあてられます。元金分が多くなればそれだけ借り入れ残高が減るため、完済が早くなるのです。

だからと言って無理のある返済計画で支払っていくのはよくありませんが、月々の返済が余裕がありすぎる、お金が余る場合には繰上げでの返済を進めておくのが良いでしょう。返済をしてもお金が余るからと無駄遣いをするのではなく、余裕があるなら繰上げ返済をすべきです。

  • 無駄遣いは返済が終わってから

キャッシングの返済が残っている間は、無駄遣いなどはすべきではありません。無駄遣いができるお金があるならさっさと返済をし、完済をして余計な利息の支払いがなくなってからお金を使えば良いのです。だらだらと返済を進めると、最終的に無駄遣いをした金額以上の利息総額となる可能性もあります。

トップへ戻る