即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

紛らわしい銀行系の名称

主に消費者金融からの借り入れを考えている際に、「銀行系」といった言葉を目にすることがあります。銀行系での借り入れなら低金利、安心ができると考えるものですが、そもそも銀行系とはどのようなものなのかご存知でしょうか。

特に明確な線引きがされているわけではありませんが、銀行系は一般的に銀行のカードローンキャッシングとは異なります。銀行のカードローンはそのまま単純に「銀行」となるため、銀行系の利用は銀行から借りることにはならないのです。

銀行系消費者金融の存在

一昔前、グレーゾーン金利や厳しい取り立てによって消費者金融のイメージが悪くなった際に、利用者に対して安心の面を押し出す意味も含めて「銀行系」といった言葉が見られるようになりました。

消費者金融と聞くよりも銀行系からの借り入れといった方がイメージがよく、初めて借りる方にとっては銀行系の方が安心ができる、金利も低いのではないかと感じることも少なくありません。

しかし、実際にはその認識は正しくありません。銀行系だからといって他の消費者金融との大きな違いは無く、金利に関しても消費者金融同士では差は見られません。大手の消費者金融であれば大体はどこでも初めての方も安心して借りられるサービス内容となっており、銀行系だからと言って大きなメリットがあるわけでもないのです。

また、ネット上には「銀行系なら専業主婦でも借りられる」などと書いているところもありますが、間違った情報です。銀行系であろうが独立系であろうが、現在では大手の消費者金融は自身に収入を持たない専業主婦の方の申し込みはできません。

銀行からの借り入れにしても全てが専業主婦に対応をしているわけではなく、一部で配偶者の安定した収入があれば一定額まで利用を可能としているに過ぎません。

銀行からの借り入れであれば別ですが、銀行系の消費者金融の場合には他の消費者金融同様に貸金業法の影響を受ける総量規制の範囲内での借り入れとなりますので、十分に注意をしてください。

そもそも銀行系とは何か

分けられているわけではありませんが、銀行系とその他で消費者金融を分けるとするなら、銀行系消費者金融と独立系消費者金融となります。銀行系と独立系の違いはグループとなり、銀行系は銀行のグループとなる消費者金融を指す場合が多いです。

例えば大手消費者金融のアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループとなるために銀行系とされています。対して同じく大手のアイフルは銀行のグループではないため、独立系の消費者金融とされています。

両社には何か大きな違いがあるわけではなく、上限金利を見てもどちらも実質年率18.0%と同水準です。審査時間や融資対応にも大きな開きは見られず、銀行系も独立系も変わりがないことが分かります。

借り入れ先を選ぶ際に銀行系からといった考えは、もはや古いとも言えるでしょう。今はサービス面で選ぶ時代となってきているので、大手消費者金融の中で優れたサービス、希望内容に近い借り入れができるところを選ぶようにすれば、失敗もしにくくなります。

トップへ戻る