即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

何かと重要な信用情報機関

キャッシングの審査や契約、利用において重要な位置付けとなるのが、信用情報機関です。様々な情報を取り扱っており、審査の際には主に信用情報機関に記録されている情報を元にして貸し付けるか否かを判断しています。

信用情報機関には借り入れの情報や返済に関する事故情報が記録されていると知られていますが、扱われる情報は様々です。キャッシング以外の面でも信用情報機関は日常生活に何かと関係をしてきますので、基本的な内容についてしっかりと知っておきましょう。

キャッシングに関わる情報

信用情報機関で取り扱う情報の中でも、お金を借りるキャッシングに関わる情報として大きいのが「他社の借り入れ情報」です。どこからいくらぐらい借りているのかが記録されており、申し込み時の入力内容と合わせて審査の際に照会を行います。

現在では貸金業者からは年収の3分の1以上の借り入れはできない総量規制があるため、信用情報機関に記録されている借り入れの情報を含め、総量規制にかかる借り入れとならないかの確認も当然ながら行われます。

正規のキャッシングサービスを利用するにあたっては信用情報機関での情報共有が義務付けられているので、申し込みの際に嘘を付いたところで意味がありません。すべて確認がされるため、返済能力を超える借り入れはできないようになっているのです。

利用状況に関する内容

信用情報機関にはキャッシングの借り入れ情報だけでなく、毎月の返済状況も記録されています。正しく返済がされているか、遅れての入金か、不足入金かなどがマークで月ごとに一目で分かるようになっています。

直近の返済状況は今現在の借り入れと合わせて重要なポイントで、返済が遅れがちな方や今現在の返済ができていない方などは、マークで判断されて審査落ちとなる場合がほとんどです。また、過去に大きな返済の遅れやその他の該当する利用状況となる方は、一般的に事故情報として扱われる「異動」の記録がされてしまいます。

「異動」はブラックの状態と言えば分かりやすく、情報が消える完済から5年を超えない期間は新規でのカードやキャッシングの契約が非常に難しくなります。正しく利用をしていれば付かない情報なので、お金を借りる際にはしっかりとした返済の計画を立てるようにしましょう。

  • 携帯の支払いにも注意が必要

最近ではスマートフォンの本体代金が高く、割賦払いで契約をする場合が多いです。毎月に携帯料金に加えて本体代金を分割で支払う内容となりますが、これはれっきとした借金としての扱いです。本体代金の支払いが終わっていれば別ですが、残っている状態で携帯料金の支払いが遅れると信用情報機関に遅れのマークが記録されるので注意が必要です。

トップへ戻る