即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

家族がブラックリスト

返済事故などでブラックリストに載ってしまうと、カードローンを利用できません。それが本人ではなく家族だった場合でも、カードローンの審査に影響が出る場合があります。

夫が、兄弟が、親がブラックリストに載っている場合、どのようなケースで審査に落ちて、どのようなケースで借りられるのか、そのポイントの1つは同居しているかどうかにあります。

同居している場合は厳しい

例えば親がブラックリストに載っていて、現在も親と同居している場合、カードローンを組むのは困難だと思っておいた方がいいでしょう。

あくまで親の信用情報の話であって、自分は関係のない話です。それなら自分の審査に影響が出るのはおかしいと思うのは当然でしょう。ただし、カード会社側はそう考えてはくれません。

同居している家族が多額の借入れをしている場合、子供の名義を使って借入れを行うケースはたくさんあります。その場合にはきちんと返済されるかどうかも心配されるので、審査に影響が出る可能性が高いのです。

とはいえ、カード会社側から、同居している家族がブラックなので融資できません、といった返答は来ないでしょう。はっきりと明言はしないでしょうが、影響が出る可能性は高いと考えておくべきです。

同居していない場合

例えば家をすでに出ている兄がブラックリストに載っている場合、こちらは同居と比べると、影響が出る可能性は低いといえます。同じ家族がブラックリストというパターンなのに影響が出にくい理由は、審査時に家族の信用情報を参照されない可能性が高いからです。

同居している場合、住所が同じなので、そこから家族の信用情報について調べられる可能性がありますが、住所が違う場合にはそこまで調べられない可能性が高くなります。同居しているかいないかで、審査に通る可能性は大きく変わってきます。

家族がブラックリストの場合にはここに注意

家族がブラックリストに載っているけどカードローンを申込みたい場合、注意点が1つあります。この場合、家族と同じ保証会社のカードローンを利用してはいけません。カードローン会社が同じである場合はもちろん、結局の所審査は保証会社が行います。

例えば三菱UFJ銀行のカードローンでブラックリストに載っている場合、アコムが保証会社です。アコムのカードローンはもちろん、同じくアコムが保証会社になっているセブン銀行のカードローンも避けましょう。例えばプロミスなど、他の保証会社を建てているカードローンを選べば、家族のブラックリストに気付く可能性が低くなります。

保証会社とは|九州総合信用株式会社
引用:金融機関で各種ローンをご利用されるときに、お客さまの委託により保証人として債務保証を行う会社です。
http://www.kyusoushin.com/surety/http://www.kyusoushin.com/surety/

トップへ戻る