即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

金利の銀行か審査の消費者金融か

カードローンは大きく分けて、銀行と消費者金融があります。以前は消費者金融の方が、審査の早さや契約機の多さから、利用がしやすく利用者も多かったです。しかし今は、銀行が消費者金融をグループ化して、そのノウハウを取り入れているので、両者の利用しやすさにはそれ程の差が無くなってきています。

そうなると気になってくるのは金利と審査の2つになります。金利の低い銀行のカードローンは審査が厳しく、金利が高い消費者金融は審査が通りやすいのが一般的な傾向です。

もちろん金利は低い方がいいのですが、審査に通らなければそもそも意味がありません。申込みブラックといって、複数にまとめて申込みを行うと、少なくとも半年は今後も審査に落ちてしまいます。

申し込みブラックは本当にあるのか - 弁護士ドットコム
引用:以前に金融機関に融資の打診をしていた場合に、次の金融機関の申し込みにあたって考慮される場合はあると思います。
https://www.bengo4.com/c_1/c_1292/b_404131/

同時申し込みでリスクを回避

金利が低い方がいいが、確実に借入れはしたい、そんな時には、銀行と消費者金融の同時申し込みという技があります。

まとめて複数のカードローンを申込むのはリスクを含みますが、銀行1社、消費者金融1社であれば、それ程問題ありません。両者の審査を受けてみて、銀行が通れば銀行を、銀行が落ちれば消費者金融を利用すればよいのです。

もしも両方の審査が通った場合、銀行のカードローンで借入れを行いますが、消費者金融の方をどうするかは、利便性で判断すればよいでしょう。借入れの窓口の多さなどで消費者金融のカードローンも利用する可能性があるならば、そのままカード発行まで進めてしまってもよいですし、利用しないのであれば、カードを発行する必要もありません。キャンセルしてしまいましょう。

同時申し込みの注意点

銀行と消費者金融の同時申し込みにはいくつかの注意点があります。消費者金融を選ぶ時には、金利ではなく審査に通りそうな点だけに注視し、銀行の場合は待遇の良さに注視します。

目的によってメリハリをつけて選ぶ会社を決めましょう。各1社以上申し込めば申込みブラックになる恐れがあるので、それぞれ金利と審査で優遇されている所に絞るのが最善です。

また、銀行と消費者金融の系列が同じところは避けましょう。消費者金融のほとんどは、大手銀行のグループ化しているので、銀行の審査と消費者金融の審査の会社が被ってしまう可能性があります。これはありがちな失敗なので注意が必要です。アコムやレイク、プロミスなど、審査には傾向があるので、外して申込んだ方が審査に通る可能性は高くなります。

銀行系消費者金融と混同しない

銀行と消費者金融を選んだつもりが、実際には両方とも消費者金融であったというケースは珍しくありません。原因としては銀行系のカードローンに申込みを行ってしまったことで、銀行だと思っていたところが銀行系の消費者金融だったということです。

銀行系の消費者金融は銀行ではなく、あくまで「系」です。銀行の系列、グループの消費者金融となり、今では大手消費者金融ではアイフルを除いて銀行系の消費者金融となっています。

銀行系カードローンだと低金利?銀行と銀行系の違いとは|消費者金融や銀行の比較をするならカードローンタイム
引用:現在の大手消費者金融はほとんどが銀行系といった括りになり、アイフルを除くプロミス、アコム、モビットは何らかの銀行に関連するグループやサービスとなっています。
https://www.cardloan-time.com/column/ginkokei.html

銀行系消費者金融は銀行系なだけで消費者金融のカードローンとなるため、消費者金融と銀行に申込みを行うなら銀行系なのか銀行なのかをしっかりと確認し、間違いがないように申込みを進めるようにしてください。

トップへ戻る