即日融資・即日キャッシングの借り入れ先なら、最短で今日中にお金が借りられます。

即日融資でキャッシングを利用

急な出費や支払いなどですぐにでもお金が必要な場合には、最短で今日中に借りられる即日融資のキャッシングが便利です。申し込みも借り入れも来店不要で進められ、利用先によっては夕方や土日などの銀行が営業していない時間でも、来店をしない即日融資も可能としています。

いくつかの即日融資、即日キャッシングに対応をする借り入れ先を比較し、希望内容に合ったキャッシングを利用するようにしましょう。ただ、申し込みを行う際には複数のキャッシングへの同時申し込みはしないようにし、一つのサービスに絞って審査を受けるようにしてください。

  • 多重申し込みは即日融資が不可となる原因に

急ぎで借りたいから、どこでもいいからキャッシングでお金を借りたいからと、複数の消費者金融などに同時に申し込みを行うのは危険です。多重申し込みは審査において大きなマイナス評価に繋がってしまうため、全ての申し込み先で審査落ちとなってしまう可能性が高くなります。

即日融資で借りたいなら慎重に

即日融資ですぐにお金が借りたいのであれば、申し込みは慎重に進めなければなりません。手当たり次第に申し込みをして審査を受けたところで、履歴は全て信用情報機関に一定期間は登録がされているため、全てで審査落ちとなります。

特に銀行や大手の最短即日融資に対応する消費者金融ほど多重申し込みに対する審査結果が厳しくなるので、焦っていくつも同時に、または立て続けに審査を受けてしまうと、良い結果に繋がりません。

即日融資で借りたいときこそ慎重に申し込みを進め、余計なミスや間違いも無いようにしなければなりません。申し込み内容のミスや提出書類の不備があれば、それだけ審査や確認に時間がかかり、審査状況によっては即日融資の借り入れに間に合わない可能性も出てきます。

急ぎで借りたいときこそ焦らずによく確認をしながら申し込みを進め、余計な時間を食わないように気をつけてください。

間違いや不備があった場合

  • 確認の連絡後に審査が行われる

申し込み内容のミスや提出をする書類に不備があった場合には、まずは本人宛に連絡が入ります。ミスや間違いの確認や、書類の内容が違う、不鮮明などであれば再提出の連絡となります。訂正後に審査が再開されるため、ミスがあればその分だけ審査が遅れてしまうのです。

即日融資に対応する借り入れ先の多くは、スマホのカメラなどで撮影した本人確認書類をネット上で提出ができるようになっています。手軽に素早く手続きが進められますが、書類の写りが鮮明になるようにしないと、再提出で時間がかかるので注意が必要です。

最短即日融資で人気の借り入れ先

第01位

プロミス

最短30分の審査回答と最短1時間融資対応で、平日も土日も最短即日融資も可能です。

実質年率限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分回答最短1時間
来店不要でネットでの申し込みとWeb契約が可能で、平日に限らず土日や祝日でも最短即日融資でのキャッシング利用もできます。通常の銀行振り込みによる平日の来店不要即日融資は14時までのWeb契約が条件となりますが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら、瞬フリによる借り入れで24時間最短10秒の振り込み融資も可能です。頼れる最短即日融資のキャッシングなら、やはりプロミスです。
プロミス

即日融資も可能な借り入れ先一覧

借り入れ先 実質年率 限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分回答
アイフル 4.5%~18.0% 1~500万円 最短30分回答
モビット 3.0%~18.0% 1~800万円 10秒簡易審査
アコム 3.0%~18.0% 1~800万円 最短30分回答

申し込み内容や審査結果によっては、ご希望に添えない場合もあります。

即日融資の利用条件に注意

  • 銀行振り込みで借りる場合は特に注意

即日融資のキャッシングはいつでも利用ができるわけではなく、時間によっては当日中に借りられない場合もあります。例えばモビットの来店不要での最短即日融資は、14:50までの振り込み手続き完了が条件となります。その他、アイフルにおいても申し込み時間によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

土日に即日融資を利用するなら

申し込み当日の即日融資のキャッシングは、平日だけの利用に限られると考えられがちです。契約後であればカードを使って週末でも夜でも限度額内で素早く借りられますが、初回の融資に関しては平日しか利用ができないと諦めている方もいるのではないでしょうか。

しかし、最近の即日融資に対応をする借り入れ先は、平日の銀行が閉まった後の夕方や夜でも、銀行が営業をしていない土日や祝日であっても、その日のうちに申し込みから借り入れまで行えるようになっています。

土日の最短即日融資の進め方はいくつかありますが、基本はネットで申し込みをした後に近くの契約機まで行き、その場でカードを受け取り方法です。契約が完了してカードの受け取りができれば、限度額内で対応するATMですぐに借りられるので、土日であっても即日融資の利用も可能となります。

大手の消費者金融であれば契約機の設置数も多いため、夕方や週末の最短即日融資の利用もしやすくなっています。お金は平日にのみ必要になるとは限りませんので、土日でも即日キャッシングの利用ができるのは大変助かります。

  • プロミスなら土日も来店不要で借りられる

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、ネット申し込みからのWeb契約で土日でも来店不要の最短即日融資も可能です。どちらかの口座を22時までに登録をすると、曜日や時間を問わずに24時間最短10秒振り込みの即日キャッシングも可能です。平日も週末も、昼間も夜間もプロミスなら早い借り入れに適しています。

銀行でも可能な最短即日融資

最短即日融資での借り入れは、消費者金融に限らず銀行でも利用が可能となるカードローンがあります。大手銀行の三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のバンクイックで、ネットでの申し込み後に三井住友銀行カードローンはローン契約機で、三菱東京UFJ銀行はテレビ窓口での手続きを進めると土日でも最短即日の契約も可能となっています。

その場で契約が完了すればカードが発行され、受け取ったカードはATMでの素早い借り入れに利用ができます。銀行の窓口が閉まっている時間や曜日であっても、契約が可能となる時間内であれば当日中の利用もできるため、急な出費時であっても金利に優れた借り入れが行えます。

即日融資での借り入れは消費者金融しか選択肢が無いわけではなく、銀行でも借り入れ先によっては平日も土日も利用ができる可能性があります。審査基準の違いはありますが、銀行でのカードローン利用が可能そうであれば、急ぎの際でも銀行での借り入れを考えてみると良いでしょう。

銀行のカードローンを利用する際には、ある程度の収入が必要となります。上記の三井住友銀行も三菱東京UFJ銀行も申し込みにおいては収入額の制限は設けていませんが、借り入れを行うためにはアルバイトなどの収入では難しくなります。

  • 銀行での即日融資の注意点

銀行カードローンでの最短即日融資は、条件をよく確認をしなければなりません。ローン契約機などを使ってネット申し込み後に手続きができるカードローンであれば素早く借り入れまで進められますが、口座をお持ちの方は最短即日融資も可能となるカードローンの場合には、口座をお持ちで無い方は当日中の利用が難しいので注意が必要です。

トップへ戻る